読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここは地獄ですか?

好き 映画/本/MUCC/女王蜂/お酒と甘いもの

映画 シン・ゴジラ

庵野監督、ゴジラ撮ってる場合じゃないよ早くエヴァ劇場版作ってよ!


と思いながら観たのですが、いや、これはシンゴジラ撮ってくれてありがとう…!


すーーーっごい面白かった!!面白かった!!!こんなに面白かったの私の映画歴でも滅多にないよ!!

レイトショーで1400円だったんだけどもっとお金払ってもいい!てかもう一回観に行こっかなと本機で考えるレベル。


以下、ネタバレ感想。







字幕の字体から登場人物の喋り方からポンポン画面が変わるとこまで、めっちゃエヴァっぽい笑。あと音楽がすごいエヴァ

ゴジラ第一形態がめっちゃ怖くて、鳥肌がたった。第二形態、第三形態、と進化してチート感が増し、最後に口と身体からビーム発射した時はもう東京終わったと思った。ゴジラって核実験から産まれたとか、第二次世界大戦で亡くなった日本兵の魂の集合体だという裏設定を知ってからは、怖いというより悲しいイメージが強かったのですが(幼い頃見てた時は勿論ただの怪獣映画でしたが)、シンゴジラゴジラはただただ恐怖心を煽ります。生命体として自分より絶対的に上の生物に会った心境。…もしかして蟻とかは人間がゴジラみたいに見えてるのかな笑。

ちょっとゴジラの表皮が核爆弾に耐えられる硬度を持つとこの話は何言ってるか分かんなかったけど笑、科学的な解決策だったのはなんだか良かった。人間の知能が物理攻撃に勝ったという感じ。


それにしても自衛隊が多摩川でゴジラを迎え撃つシーンとか、ラストに血液凝固剤をゴジラの口腔に流し込むシーンとか、すごく感動しました。血液凝固剤隊の第一陣が吹っ飛ばされた後、第二陣の人達はどんな心境でゴジラに向かっていったのかな…とか。

あと官僚ってこういうパニック映画だと情けない場合が多いんですが、シンゴジラは官僚が主人公でなかなか格好いいので新鮮です。


ちなみにラストの尻尾は私は苦しんでる人間が浮き出てるように見えたので、「ゴジラを創り出したのは人間だ」という暗喩の意かと思ったんですが、一緒に行った人はゴジラの赤ちゃんに見えたらしく「ゴジラが無性生殖で分裂するという意味だ」と言っていて、帰って考察サイトを調べたら色んな意見があるみたいです。

あとその人が「ゴジラがビーム出した時めっちゃ格好良かった」と言っていて目がポーンとなりました。私はビームが出た瞬間「ああもうダメだ、ゴジラ強すぎる、人類の負けだ…」と絶望してました。人によって見方って違うんだなあと実感した一件。


そんな感じで、もう一回観るかもしれないシンゴジラ。ほんと面白かった!!最後にもっかい言う!面白かった!!!!!!